エーゲ海のキプロス島から日本の通信制高校に入学しました!

通信制高校は日本のきちんとした高等学校です

キプロスの市街と山並み通信制高校とは、レポートなど通信教育課程で高校の卒業資格を得ることのできる高等学校です。
もともとは働くために一般の高校に行くことができない社会人のために設立されたもので、学校教育法にも規定されています。
日本政府が保証する立派な高等学校です。

どんな人が通信制高校に通っているのか?

現在では、いじめや不登校などで高校に行けなかった人や経済的に苦しくてアルバイトをしながら高校に行く人などに利用されていることが多いです。
そのほか、スポーツ活動や芸能活動をするために全日制高校に行くことがむつかしい人も、通信制高校を利用します。学ぶのに年齢の制限はありませんので、貧しくて高校に行くことができなかった高齢者や、社会人を数年してから学びたい意欲が増した人、全日制高校から転校してきた人など、多様な背景の人と出会うことができるのも、その特徴の一つです。
外国籍の人や、帰国子女も多く、私は自由な校風と通信制高校 学費を考えて通信制を選びました。

単位制の高等教育機関です

通信制高校は単位制であり、レポート、スクーリング、単位認定試験があります。
3年以上在籍すること、所定の単位を取得することによって卒業資格を得ることができます。
科目の単位数は74単位以上、特別活動は30時間以上と決められており、多くの高等学校で採用されているような学年制度ではありません。
科目についても、必修科目以外は自分の興味関心のある分野を中心に選択することができます。

サポート校に通えば普通校とほとんど同じ高校生活がおくれます

通信制高校は、課題を出すことなどによって教育していくのですが、独学での課題提出はむつかしいため、たいていはそれをサポートするサポート校があります。
留年もありませんので、仕事が忙しいといった事情があっても、自分のペースで学んだり卒業資格を得たりすることができます。
入学に際しては、内申書がありませんので、中学校で不登校だった人でも、全日制高校ならな内申点が大きく影響しますが、そのようなことはありません。
このようなメリットが事前にわかっていたので、キプロスから帰国した直後、僕はまよわず通信制高校に入学したのです。

新しい通信制高校情報